裁判業務に関するご相談

少額訴訟

たとえば金銭にまつわるトラブルに巻き込まれたとき、その最終的な解決方法として『裁判』があります。 しかし『裁判』という言葉を聞いただけでしり込みしてしまう人も多いことでしょう。きちんと裁判をすれば上手な解決ができたかもしれないのに、費用、時間、労力を気にしてあきらめてしまった人も少なくないはずです。

そこで、1998年1月から施行された『少額訴訟手続』は、訴訟額60万円以下のものであれば、今までの裁判手続よりはるかに簡単でスピーディーな紛争解決を目指すことができる手続です。しかし『少額』であっても『裁判』。有利に手続をすすめるためには正しいノウハウが不可欠です。

しかし法律の専門家である司法書士のバックアップがあれば『少額』だからとあきらめかけていた問題も適切な解決が得られるかもしれません。

少額訴訟

▲PAGE TOP

裁判業務に関するよくある質問

▲PAGE TOP

少額訴訟に関する司法書士報酬および料金のご案内

「裁判と言えば弁護士だけど、弁護士は敷居が高そう…。しかし、自分で進めるのは不安が…。」そんなお悩みをお持ちの方は街の法律家である司法書士にお任せ下さい。認定を受けた司法書士は訴額140万円以内の簡易裁判については弁護士同様、代理人となることができます。また、訴額140万円を超える場合でも書 類作成などで本人手続きのご支援も可能です。

手続き 報酬(登録免許税等実費は別途) 備考
少額訴訟手続き
(書類作成)
52,500円〜 ■難易度により加算

▲PAGE TOP