裁判業務に関するご相談

支払督促

支払時期の来た一定額の金銭または有価証券の支払を求めて簡易裁判所書記官に申し立てるものです。

申立費用は通常の裁判費用の約半分で済みます。

裁判と違って当事者が出頭したり、証拠を提出する必要もありません。申立書だけに基づいて裁判所書記官が相手方に支払いを命じます。

相手方が異議を申し立てないで督促が確定すると、判決と同様の効力を持ち、強制執行も可能となります。異議を申し立てた場合には、通常訴訟に移行します。

支払督促

▲PAGE TOP

裁判業務に関するよくある質問

▲PAGE TOP

支払督促に関する司法書士報酬および料金のご案内

「裁判と言えば弁護士だけど、弁護士は敷居が高そう…。しかし、自分で進めるのは不安が…。」そんなお悩みをお持ちの方は街の法律家である司法書士にお任せ下さい。認定を受けた司法書士は訴額140万円以内の簡易裁判については弁護士同様、代理人となることができます。また、訴額140万円を超える場合でも書 類作成などで本人手続きのご支援も可能です。

手続き 報酬(登録免許税等実費は別途) 備考
支払督促書類作成 52,500円〜 ■難易度により加算

▲PAGE TOP