裁判業務に関するご相談

民事執行(強制執行)

裁判で勝訴判決を得た場合や、公正証書を作成している場合でも、相手方が任意に支払いをしてくれないというケースもあります。そのような場合、任意の支払いが見込めない以上、国家機関の力を借りて強制的に取立てを行うという手続きが必要になってきます。それが、強制執行という手続きになります。

強制執行の申立てを行う際に注意すべきことは、相手方がどのような財産を有しているかを事前に調べることを忘れないということです。なぜなら、強制執行により差し押さえの対象となる財産は、あくまでも相手方の所有している財産に限られますので、めぼしい財産を有しない者に対して強制執行を行っても、差し押さえることができる財産が無いという結果に終わることもあるからです。その場合には、お金を払ってもらえないだけでなく、結局、費用倒れになってしまう可能性が高いといえます。

強制執行手続きについては、司法書士は裁判所に提出する申立書等の作成をいたします。

民事執行(強制執行)

▲PAGE TOP

裁判業務に関するよくある質問

▲PAGE TOP

民事執行(強制執行)に関する司法書士報酬および料金のご案内

「裁判と言えば弁護士だけど、弁護士は敷居が高そう…。しかし、自分で進めるのは不安が…。」そんなお悩みをお持ちの方は街の法律家である司法書士にお任せ下さい。認定を受けた司法書士は訴額140万円以内の簡易裁判については弁護士同様、代理人となることができます。また、訴額140万円を超える場合でも書 類作成などで本人手続きのご支援も可能です。

手続き 報酬(登録免許税等実費は別途) 備考
民事執行書類作成 52,500円〜 ■難易度により加算

▲PAGE TOP