成年後見に関するご相談

法定後見制度

法定後見制度とはすでに精神上の障害等により本人の判断能力が不十分な状況のとき、親族や後見受任者が、居住地の家庭裁判所に後見人・保佐人・補助人の選任の申立てをし、家庭裁判所の審判を経て選任された後見人・保佐人・補助人が、本人を援助する制度をいいます。

「後見」は精神上の障害により判断能力を欠く常況にある方を対象とし、「保佐」は精神上の障害により判断能力が著しく不十分な方を、「補助」は精神上の障害により判断能力が不十分な方を対象としています。

言い換えますと、認知症等など精神上の障害により、物事の判断能力が衰えた人は、満足な日常生活を送ることができません。物を買う、契約をする、お金を支払う際に、ひとりでできるかわかりません。これら日常生活にハンディキャップを負う人たちに、後見人、保佐人、補助人など法律上の「保護者」を付け、一般人と同じ生活を送ることができるようにする法制度を「法定後見制度」といいます。

法定後見制度

▲PAGE TOP

成年後見制度に関するよくある質問

▲PAGE TOP

法定後見に関する司法書士報酬および料金のご案内

成年後見制度は、認知症・知的障害・脳梗塞などにより意思疎通が困難など、援助が必要な方、または、現在はお元気ですが将来について不安な方の大切な財産を守る手続です。具体的には、契約の締結・諸手続き・金銭の支払い・受取り等を本人の代わりに行ったり、本人が誤った判断に基づいて契約を締結した場合、それを取消したりして、本人の財産を管理し不利益から守る制度です。この手続により、ご本人、ご家族の方が安心して生活することができます。

手続き 報酬(登録免許税等実費は別途) 備考
法定後見申立書類作成 123,600円〜 ■難易度により加算

▲PAGE TOP