成年後見に関するご相談

任意後見制度

任意後見制度とは、判断能力を有する者について、将来、判断能力が不十分になった場合に備えて、あらかじめ選任した任意後見人と任意後見契約を公正証書で締結しておくことにより、将来、家庭裁判所が選任する任意後見監督人(任意後見人を監督する者)の監督下で任意後見人による保護を受けることができる制度をいいます。

任意後見契約とは、任意後見人に自分の生活、療養看護および財産管理に関する事務の全部または一部について代理権を付与し、将来、判断能力が不十分になって、家庭裁判所で任意後見監督人が選任されたときから効力が生ずる旨の特約を付した契約をいいます。

人生何があるかわかりません。どんな状況でもご自身の財産を守れるよう成年後見・任意後見を活用しましょう!どちらも、障害発生後、家庭裁判所が手続きに関りますので安心できる制度です。

任意後見制度

▲PAGE TOP

成年後見制度に関するよくある質問

▲PAGE TOP

任意後見制度に関する司法書士報酬および料金のご案内

成年後見制度は、認知症・知的障害・脳梗塞などにより意思疎通が困難など、援助が必要な方、または、現在はお元気ですが将来について不安な方の大切な財産を守る手続です。具体的には、契約の締結・諸手続き・金銭の支払い・受取り等を本人の代わりに行ったり、本人が誤った判断に基づいて契約を締結した場合、それを取消したりして、本人の財産を管理し不利益から守る制度です。この手続により、ご本人、ご家族の方が安心して生活することができます。

手続き 報酬(登録免許税等実費は別途) 備考
任意後見手続代行 123,600円〜 ■難易度により加算

▲PAGE TOP